TOP
キス イサキ グレ ウナギと手長エビ ヒブダイ
ホウセキハタ フエダイ
これから増えます。



ハタ科の魚にハズレなし!
お魚メモ
地方により異なるが、夏場(関西)、冬場(九州)とされている。
身質 白身魚。クエ、マハタなどには一歩及ばぬ物のあっさりとした中に旨みがある。
特筆すべき点はなし。
代表的な料理 ハタ科の魚全てに言えることだが、基本的にはどう料理しても美味しい魚。新鮮であれば、刺身にして魚の持つ旨味を味わってもらいたい。
注意点 特筆すべき点はなし。
 

■ホウセキハタのお吸い物
【材料】
ホウセキハタ
白ダシ
鰹ダシ
水菜
 
【調理方法】
(1)鱗取りなどを用い、鱗を取ります。
(2)3枚におろした後、刃を尾から当て、皮を引きます。
(3)皮を引いた後、身を3cmくらいに切っておく。
(4)白ダシ、鰹ダシ、水菜の順に鍋に入れ、トロ火で煮込む。
(5)沸騰してきたところで、切り身を入れ、再度沸騰するまで煮込む。
 
【感想】
魚のダシがよく出ており、非常に美味しく食べることができた。こういう魚は刺身で食べることが多いが、こういう食べ方もアリだな〜と感じた。

■ホウセキハタのアラ炊き
【材料】
ホウセキハタ
赤味噌
しょうが(もしくは葱)
ダシ
 
【調理方法】
(1)余ったホウセキハタのアラをバーナーで炙る。(熱を加えると臭みが取れ、香ばしさが出るため)
(2)赤味噌、ダシ、しょうが、アラを鍋に入れ、トロ火で煮込む。
(3)沸騰したら火を止め、盛り付けを行い、完成。今回はしょうがを使ったが、臭さをなくすためなので、葱でも代用できるだろう。
 
【感想】
吸い物を作った時残ったアラを使い調理してみたが、こちらもよくダシが取れており、非常に美味しかった。お酒のつまみにちょうどいいかも…