アオリイカサビキブッコミのチヌ
 豆知識 (ライン換算表)



アオリイカ
■アオリイカ
■釣場案内地図

 土佐湾沿岸の各港
■解説

 土佐湾沿岸の各港は、エギングのメッカ。至る所でアオリイカが釣れる。時期は10月〜6月位。
この時期港の防波堤では、子供から本格派のエギンガーまで平日、祝祭日を問わず姿を見掛けない日は、悪天候の日以外まずない。夕刻には会社帰りのサラリーマンと思しき人もいたりする。
 近年、手軽さからか女性のエギンガーも増え、カップルで楽しむ光景も結構見られようになっている。この場合、大概女性の方が飽きずにやっているのは何故だろう…
 今年(H21年)は、高知港入口の浦戸湾で2Kg前後の大型のラッシュに湧いた年であった。


■仕掛け全体
■仕掛け詳細
サビキ
■サビキ
■釣場案内地図

 土佐湾沿岸の各港
■解説

 土佐湾沿岸の各港では、休日ともなれば各所で竿が並ぶ。特徴は年配のご婦人多いことと、このご婦人方の釣りの上手いこと。サラリーマン生活をリタイアしてたまに港で釣り糸を垂れる爺さん方ではまるで歯が立たないほど、手馴れていらっしゃる。
 小アジ、イワシ、小チヌ、小グレやボラなど晩飯のおかずとなる魚の入ったバケツやクーラーを覗いてみると、必ず常連のご婦人方に軍配が上がるのである。


■仕掛け全体
■仕掛け詳細
ブッコミのチヌ
■ブッコミのチヌ
■釣場案内地図

 高知県高知市 弘化台
 高知県黒潮町 田野浦港
 高知県四万十市 下田港
■解説

 土佐湾の各港では、夜釣りのブッコミでチヌ(キチヌ)が狙える。周年釣れるが、夏場は型が小さい。冬場の方が型が大きく、場所によっては50cm前後の大型が5,6枚揃うこともある。
 いささか邪道だが、寒さに弱い釣師(私のこと)は、竿先にケミホタルを付けた磯竿を数本並べ、仕掛けの投入と魚の取り込み以外は音楽と熱いコーヒーなどをすすりながら車内でひたすらアタリを待つという釣法?もある。


■仕掛け全体
■仕掛け詳細