戻る
「fishon四国」会員規約
パシフィックソフトウエア開発株式会社
(「fishon四国」事務局)
第1章 総  則 第6章 利用上の注意
第2章 本サービス 第7章 秘密保持および個人情報
第3章 契  約 第8章 その他
第4章 利用中止、利用停止及び当社が行う契約の解除 附 則
第5章 料金等
第1章 総  則
 第1条(規約の適用)
(1)本規約は、パシフィックソフトウエア開発株式会社(以下「当社」といいます。)が、 インターネット上のサービスサイトにおいて提供する「fishon四国」(以下「本サービス」といいます。) の利用に関し適用されます。

(2)当社が、本サービスの会員に対して発する第4条所定の通知及び当社が本規約本文の他に別途定める諸規定 (以下、当該通知及び諸規定を「諸規定等」といいます。)は、それぞれ本規約の一部を構成するものとします。

(3)本規約本文の規定と諸規定等の内容とが異なる場合には、諸規定等の内容が優先して適用されるものとします。
 第2条(事務局の設置)
(1)当社は、本サービスに関する各種手続や会員管理など、本サービスの円滑な運営を図るため、 当社に「fishon四国事務局」(以下「事務局」といいます。)を設置して、本サービスの運営を行います。

(2)事務局からの各種通知・連絡等は、全て当社がなしたものとみなします。
 第3条(規約の変更)
 当社は、一定の予告期間をもって当社所定の方法により会員に通知することにより、 本規約を変更することができるものとします。 この場合、当該予告期間内に、第13条に基づく会員契約の解除の通知が当社に到達しないときは、 かかる変更につき会員による承諾があったものとみなします。
 第4条(会員への通知)
(1)当社は、電子メールによる送信、本サービスへの掲載、その他当社が適当であると判断する方法により、 会員に随時必要な事項を通知するものとします。

(2)当社から会員への通知は、前項の規定に基づく方法により内容が入力された時に効力を生じるものとします。 なお、郵便物又は宅配便等により文書を送付する方法による場合は、通常到達すべき日にその効力が発生するものとします。
 第5条(用語の定義)
 本規約においては、次の用語はそれぞれ次の意味で使用します。

@「会員契約」とは、当社から本サービスの提供を受けるための契約をいいます。
A「会員」とは、当社と会員契約を締結している方をいいます。
B「消費税等相当額」とは、消費税法の規定に基づき課税される消費税及び地方税法の規定に基づき課税される地方消費税の額に相当する額をいいます。
C「料金等」とは、本サービスの提供に関する料金その他の債務及びこれに係る消費税等相当額をいいます。
D「本サービス用設備」とは、本サービスに使用するため、電気通信事業者等の電気通信回線に接続された当社の電気通信設備 (コンピュータ本体、入出力装置及びその他の機器並びにソフトウェア等をいいます。)をいいます。
E「会員の個人情報」とは、会員に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、住所、電話番号その他の記述等 (記述、番号、記号その他の符号等をいいます。)により特定の会員を識別することができるもの (他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の会員を識別することができることとなるものを含みます。)をいいます。
 【1】第8条に定める会員契約の申込に際し当社に登録された情報(第11条に定める変更に係るものを含みます。)。
 【2】第1条第2項に定める通知又は諸規定等に基づき当社に登録された情報。
 【3】上記【1】および【2】の他、本サービスの提供に関連して当社が知得した情報。
F「当社知得の会員の個人情報」とは、会員の個人情報のうち以下のものをいいます。
G「料金等情報」とは、会員の利用料金、利用料金明細、請求料金、入金情報その他の料金等の請求・決済に係る実績に関する情報をいいます。
目次に戻る
第2章 本サービス
第6条(本サービスの概要)
 本サービスの内容、料金、その他の必要な事項は、当社が別に定める「fishon四国サービスの概要」により明示するものとします。
第7条(営業時間)
(1)本サービスを利用できる時間は、1日24時間、1週7日とします。
ただし、本規約に定める本サービス用設備に係る保守等の時間、その他本規約に定める利用停止や利用中止の時間を除くものとします。

(2)前項にかかわらず、本サービスの内容をなす各種データの更新、修正、加除等の作業は、原則として、 当社の営業日(当社が休日とする土曜日、日曜日、祝祭日及び春季・夏季・冬季の各休暇を除いた日をいいます。) の午前9時から午後5時になすものとします。
目次に戻る
第3章 契  約
第8条(契約の申込)
(1)会員契約の申込は、本規約に同意のうえ当社所定の方法により行うものとします。

(2)前項において会員契約の申込をする方(以下「申込者」といいます。)は、第19条第1項に定める料金の収納の代行者 (以下、「料金収納代行者」といいます。)との間で、本規約に基づく料金の課金に関する契約(以下「課金契約」といいます。)を締結する ものとします。

(3)前項にかかわらず、満1年間継続する会員契約(以下「年間契約」といいます。)の締結を希望される方については、当社の指定銀行口座に1年間の料金等の全額を振り込む方法によるものとします。
第9条(申込の承諾)
(1)会員契約は、前条に定める申込に対し、課金契約の成立したことを確認した後、当社がこれを審査のうえ承諾したときに成立します。また、年間契約を希望される方については、前条に定める申込に対し、当社がこれを審査のうえ承諾したときに成立します。

(2)当社は、申込者が次の各号の一に該当する場合には、会員契約の申込を承諾しないことがあります。
また、当社は、会員契約成立後であっても、会員が次の各号の一に該当することが判明した場合には、 当社所定の方法にて通知することにより、会員契約を解除することができるものとします。
ただし、次の第2号または第4号の場合には、当社は、相当の期間を定めてその事実を是正するよう催告し、 かかる期間内に是正されないときには、当社所定の方法にて通知することにより、会員契約を解除することができるものとします。
 @会員契約の申込時に虚偽の事項を通知したことが判明した場合。
 A申込者が、本サービスの料金等の支払を現に怠り、または怠るおそれがあると当社が判断した場合。
 B過去に不正使用等により会員契約の解除または本サービスの利用を停止されていることが判明した場合。
 C申込者が未成年者や制限行為能力者等であって、会員契約の申込みにあたり法定代理人等の許可、同意を得ていない場合。
 Dその他会員契約の申込を承諾することが、本サービス又は当社の業務の遂行上著しい支障があると当社が判断した場合。

(3)前項に従い当社が会員契約の申込の不承諾または会員契約の解除を行うまでの間に発生した料金等について、 申込者は、第5章の規定に準じてこれを支払うものとします。
第10条(ユーザID、メンバー名およびパスワード等)
(1)当社は、会員契約成立後すみやかに、本サービスを利用するためのユーザID及びパスワードを当社所定の方法により会員に通知します。

(2)会員は、ユーザID及びパスワードにより当該サービスを利用することができます。

(3)会員は、当社が許可した場合を除き、ユーザID及びパスワードを、第三者に使用させ、 または、売買、譲渡もしくは貸与等をしてはならないものとします。

(4)ユーザIDとパスワードの管理及び使用は会員の責任とし、使用上の過誤または第三者による不正使用等について、 当社は一切その責任を負わないものとします。

(5)会員のユーザID及びパスワードにより本サービスが利用されたときには、その会員自身の利用とみなされるものとし、 当該会員は、その利用に係る料金等を負担するものとします。

(6)ユーザID及びパスワードとをあわせて、以下「ユーザID等」といいます。
第11条(契約事項の変更等)
(1)会員は、その氏名、住所または連絡先等の届出事項に変更があった場合は、すみやかにその旨を当社所定の方法により届け出るものとします。

(2)当社が、料金収納代行者を複数選定した場合において、会員がその料金収納代行者の変更を希望する場合には、当社所定の方法により、 当社に申し込むものとします。

(3)当社は、前項の変更申込があった場合は、第8条の規定に準じて取扱います。

(4)当社は、前項の規定により変更申込を承諾した場合は、 変更を承諾した月の翌月の初日からの本サービスの利用について変更された事項を適用します。
第12条(権利の譲渡等)
(1)会員は、本サービスの提供を受ける権利を第三者に譲渡、売買、名義変更、質権その他の担保に供する等、 一切の行為をすることができません。

(2)会員が死亡した場合は、本サービスを受ける権利を相続人が承継することはできません。

(3)当社は、会員の死亡の事実を知ったときは、その時点で会員契約の解除があったものとして取り扱います。
第13条(会員が行う契約の解除)
(1)会員は、会員契約を解除しようとするときは、当社所定の方法によりその旨を当社に通知するものとします。 この場合、解除の通知があった日の属する月末に、会員契約の解除がなされたものとします。

(2)前項の場合において、その利用中に係る会員の一切の債務は、会員契約の解除があった後においてもその債務が履行されるまで消滅しません。

(3)会員が、会員契約を解除する場合には、課金契約の解除および料金等の支払い中止の手続は、会員がその責任においてなすものとします。
目次に戻る
第4章 利用中止、利用停止及び当社が行う契約の解除
第14条(利用中止)
(1)当社は、次のいずれかに該当する場合には、何らの責任も負うことなく、会員による本サービスの利用を中止することがあります。
 @本サービス用設備の保守上または工事上やむを得ない場合。
 A本サービスに係る電気通信事業者等が電気通信サービスを中止した場合。
 B火災、停電、天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難な場合。
 Cその他、不測の事態により当社が本サービスの提供が困難と判断した場合。

(2)当社は、前項の規定により本サービスの利用を中止するときは、あらかじめその旨を会員に通知します。
但し、事前に通知することが不可能もしくは困難な場合には、事後すみやかに通知することとします。

(3)当社は、本サービスの提供の中止の際、前項の手続を経ることで、中止に伴う会員または第三者からの 損害賠償の請求を免れるものとし、会員の料金等の支払い義務は存続するものとします。
第15条(利用停止)
(1)当社は、会員が次のいずれかに該当する場合には、何らの責任も負うことなく、当該会員による 本サービスの利用を停止することがあります。
 @会員契約に関して当社に虚偽の事項を通知したことが判明した場合。
 A支払期日を経過してもなお料金等を支払わない場合。
 B破産手続開始または民事再生手続開始の申立があった場合。
 C第22条、第23条または第24条の規定に違反した場合。
 D前各号の他、本規約上の義務を現に怠りまたは怠るおそれがある場合。

(2)当社は、前項の規定により本サービスの利用停止をするときは、あらかじめその理由、利用停止をする日 及び期間並びに停止を解除する条件を、当社所定の方法で会員に通知します。
但し、事前通知をすることが不可能もしくは困難な場合には、事後すみやかに通知することとします。

(3)第1項による本サービスの利用の停止があった後においても、その利用中に係る会員の一切の債務は、 その債務が履行されるまで消滅しません。
第16条(当社が行う契約の解除)
(1)当社は、前条の規定により本サービスの利用停止を受けた会員が、当社から期間を定めた催告を受けたにもかかわらず、 なおその事由が解消されない場合には、当社所定の方法により通知して、その会員契約を解除することができるものとします。
但し、当該催告の上で、当該期間の徒過により自動的に会員契約を解除する旨を明示した場合は、あらためての解除の通知は不要とします。

(2)当社は、次のいずれかの一に該当する場合には本サービスの利用停止をしないで、 会員に当社所定の方法により通知することにより、会員契約を解除することができるものとします。
 @第24条第2項の規定によりファイル等の掲載停止または削除を受けた会員が、同様の掲載等を繰り返し行った場合。
 A会員が前条第1項各号所定の事由に該当し、当社の業務の遂行に支障をきたすと当社が判断した場合。

(3)前2項の規定により会員契約が解除された場合、会員は、本サービスの利用に係る一切の債務につき当然に期限の利益を喪失し、 残存債務の全額を直ちに支払うものとします。
目次に戻る
第5章 料金等
第17条(料金等)
 本サービスの料金等の金額や支払方法等は、当社が別に定める「fishon四国サービスの概要」により明示するものとします。
第18条(料金等の計算方法等)
(1)当社は、本サービスの料金については月を単位として計算します。 月の途中で入会した場合または利用 停止手続や会員契約の解除を行った場合でも、その月の料金がかかります。 料金の日割り計算などは行い ません。

(2)年間契約をされた会員については、年の途中での解約はできないものとし、また、中途において料金等の払い戻しもしません。
第19条(料金等の支払方法)
(1)会員は、本サービスの料金等を、原則として「fishon四国サービスの概要」で明示する料金収納代行者を通じて、当社に支払うものとします。 この場合においては、料金等は料金収納代行者の定めた振替日に、該当月の料金等が会員指定の口座から引き落されるものとします。

(2)年間契約をされる方については、会員契約成立後直ちに、第8条第3項に記載の通り、年間の料金等の全額を当社の指定銀行口座に振り込んで支払うものとします。なお、この 場合の振込手数料は会員が負担するものとします。

(3)本サービスの料金等について、その全部または一部の支払時期を変更させていただくことがあります。
第20条(延滞利息)
(1)会員は、本サービスの料金等(延滞利息を除きます。)について支払期日を経過してもなお当社に対して支払わない場合には、 当社からの請求に基づき支払期日の翌日から支払の日の前日までの日数について、 年14.5%の割合で計算して得た額を延滞利息として当社が指定する期日までに支払うものとします。

(2)当社は、前項の計算結果に1円未満の端数が生じた場合は、その端数を切り捨てます。
目次に戻る
第6章 利用上の注意
第21条(端末等)
 会員は、自己の費用と責任で、本サービスを利用するために必要となる端末等の機器を準備し、 電気通信事業者等の電気通信サービス等を経由して本サービスを利用するものとします。
第22条(私的利用の範囲外の利用禁止)
(1)会員は、当社が承認した場合(当該情報に関して権利をもつ第三者がいる場合には、 当社を通じ当該第三者の承諾を取得することを含みます。)を除き、本サービスを利用することにより得られる一切の情報 (提携サービスによるものを含みます。)を、当社または当該情報に関し正当な権利を有する者の事前の許諾なしに、 私的使用の範囲を超える目的で複製し、出版し、放送し、公衆送信する行為等をその方法のいかんを問わず自ら行ってはならず、 また第三者をして行わせてはならないものとします。

(2)会員が当社に提供した情報の権利は、当社に帰属するものとします。
第23条(営業活動の禁止)
 会員は、本サービスを使用して営業活動、営利を目的とした利用及びその準備を目的とした利用 (以下、これらを「営業活動」といいます。)をすることができません。
第24条(会員の義務)
(1)会員は、本サービスを利用するにあたり、次の行為を行わないものとします。
 @他の会員、当社または第三者の著作権その他の知的財産権を侵害する行為。
 A他の会員、当社もしくは第三者の財産、プライバシーまたは肖像権等を侵害する行為。
 B他の会員、当社もしくは第三者を誹謗中傷し、またはその名誉もしくは信用を傷つけるような行為。
 C他の会員、当社もしくは第三者に不利益を与える行為。
 D他の会員のユーザID等を不正に取得もしくは使用し、 または他の会員もしくは自己のユーザID等を不正に他の会員もしくは第三者に使用させる行為。
 E法令に違反し、または公序良俗に反する行為。
 F本サービスの運営を妨げるような行為。
 G電気通信事業者等もしくは契約しているプロバイダーの定める規約に反する行為。
 Hその他当社が不適当と判断する行為。

(2)当社は、前項各号に掲げる内容のファイル、その他当社が本サービスの運営上不適当と判断したファイル等を掲載停止 または削除することができるものとします。
但し、当社は、当該ファイル等を掲載停止または削除する義務を負うものではありません。

(3)会員は、本サービスの利用及びその結果につき自ら一切の責任を負うものとし、 万一、本サービスの利用に関連し他の会員または第三者に対して損害を与えたものとして、 当該他の会員または第三者から何らかの請求がなされ、または訴訟等が提起された場合、 当該会員は、自らの費用と責任において当該請求または訴訟等を解決するものとし、当社を一切免責するものとします。
第25条(他のWebサービスの利用)
 当社は、会員および第三者が本サービスを経由した他のWebサイトが提供するサービスの利用に関し、一切の責任を負いません。
第26条(本サービスの変更、追加または廃止)
(1)当社は、本サービスの全部もしくは一部を変更、追加または廃止することができるものとします。 この場合は、第3条の規定を準用するものとします。

(2)当社は、前項による本サービスの全部もしくは一部の変更、追加または廃止につき、何ら責任を負うものではありません。
第27条(免 責)
(1)天災、事変その他の不可抗力により、本サービスを提供できなかったときは、当社は、一切その責を負わないものとします。

(2)当社は、会員が本サービスを利用することにより得た情報等(コンピュータプログラムを含みます。)について、 その完全性、正確性、有用性その他何らの保証をしないものとします。 また、当該情報等のうち当社以外の第三者による提供(会員や広告主からの提供情報を含みます。) に係るものに起因して生じた損害等について、当社は何らの責任も負わないものとします。

(3)当社は、本規約に基づく会員による本サービスの利用に関連して当社が会員に対し損害賠償責任を負うこととなった場合には、 当社の故意または重大な過失に起因する場合を除くいかなる場合も、損害賠償の範囲は、当該会員に現実に発生した通常損害の範囲に限られるものとし、 かつ、その総額は、当該損害が生じた日が属する月に当社が当該会員から受領すべき料金にこれに対応する消費税等相当額を加算した額の範囲を超えないものとします。
第28条(ファイル情報の消去)
 当社は、本サービス用設備のファイル容量に余裕がなくなるおそれがあるときは、そのファイルに蓄積されている会員の情報を消去できるものとします。
第29条(広告メール等)
(1)会員は、当社が、会員等に対し、当社または当社の提携先等第三者に関する広告、 宣伝等を含む電子メールの送信もしくは印刷物の郵送等(サンプル・試供品の配送その他の提供を含みます。)を行い、 または電話をすることにつき、あらかじめ同意するものとします。

(2)前項の場合において、会員等は、当社所定の方法にて当社に通知することにより、 前項所定の電子メールの送信もしくは印刷物の郵送等(サンプル・試供品の配送その他の提供を含みます。)を行うこと、 または電話をすることを拒否することができます。
目次に戻る
第7章 秘密保持および個人情報
第30条(秘密保持および個人情報の保護)
(1)当社は、会員の個人情報を適切に取り扱うものとします。

(2)当社は、会員の個人情報を以下の目的に利用します。
 @本サービスの提供に伴い必要となる個人認証、運用業務、料金等の請求、与信管理、 ならびに料金等の変更及び本サービスの変更、追加、廃止に係る通知をするため。
 A会員からの資料請求、各種イベント・特典の実施など必要に応じて会員に連絡を行うため。
 B会員等からの請求、問い合せ及び苦情に対する対応、または連絡をするため。
 C会員に特別サービスや新サービスなどの情報を通知するため。
 D本サービスの内容のより充実を図ったり、内容の変更・追加等その他本サービスを補完するため。
 E会員契約の解除に伴う会員の退会処理のため、ユーザID等、 およびその他当該会員の退会処理に必要な情報等を当該会員の退会後も当社所定の期間利用すること。
 F会員の個人情報の利用に関する当該会員の同意を求めるための、電子メールの送信もしくは印刷物の郵送等を行い、 または電話するため。

(3)当社は、本サービスの提供に関連して知り得た会員の秘密情報を以下の項目に該当する場合を除き、 第三者に開示または漏洩しないものとします。
 @会員の同意がある場合。
 A統計的なデータとして、会員個人を識別できない状態に加工した場合。
 B法令により提供を求められた場合、または裁判所の発する令状による場合。
 C会員が希望するサービスを提供するために、情報の開示が必要と認められる場合。
 D人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意が困難であるとき。
 E公衆衛生の向上または児童の健全な育成のために特に必要がある場合であって、本人の同意が困難であるとき。

(4)当社は、会員の個人情報を適切に管理するように契約等により義務付けた業務委託先に対し、 利用目的の達成に必要な業務を委託する目的で、当該会員等の個人情報を預託することができるものとします。

(5)前4項の規定は、会員契約の申込者についても、準用するものとします。
目次に戻る
第8章 その他
第31条(準拠法)
 本規約に関する準拠法としては、すべて日本国の法令が適用されるものとします。
第32条(合意管轄)
 会員と当社との間における一切の訴訟については、高知地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
附 則
1.この規約は、平成18年10月30日から実施します。
2.年間契約会員の追加となる第8条(3)項、第9条(1)項、第18条(2)項、第19条(2)項は、平成18年11月 6日から実施します。
ページのTOPへ戻る